1980年以前に建てられた物件の消防法改正へ

ハワイではスプリンクラーの法改正により、1980年以前に建設された建物に関し、2020年までに、現在の消防法に準じた消防検査をホノルル市へのリポートが義務づけされました。

また、その費用は、管理組合で捻出しなければいけないようです。

2017年ワイキキの36階コンドミニアムの火災により、罪のない人たちが15名死傷するという最悪の事件が起きてしまいました。

このコンドミニアムは、築1971年の建物で、皮肉にも、スプリンクラーが設置されていなかったという報告がされています。

もし、1980年以前に建てられている物件に住まわれている方、もしくは、今から住む予定の方は、一度、消防法に準じた消防検査を確認してみてはいかがですか?